楽しい一時を過ごせるキャバクラ店を探している…そんな貴方に7つの選択肢をご用意。

キャバ嬢に告白するタイミングを見極めるために

上司の付き合いで訪れたキャバクラで、「愛華」というキャバ嬢と出会った。

上司に連れられて行ったキャバクラで

キャバ嬢独特の夜の雰囲気がまったくなく、街中に普通にいそうな女性だ。
「なんでキャバクラで働いているの?」と率直に思ったことを聞いてみた。すると

「新卒で就職したんですけど、残業続きで体調を崩してしまって。今は派遣で働きながら、夜の空いている時間にキャバ嬢をしてるんです」

とのこと。私はしばらく彼女を観察してみた。

様子をうかがってみることに

・相手の好みに合わせた会話を積極的に振る
・会話を続けながらテキパキとテーブル業務を行う
・答えにくい質問をされても、言葉を選びつつ的確に答える

まさに、仕事のできる女というイメージを受けた。
彼女ならキャバ嬢をしなくても正社員として普通に働いていけるだろうに。
もしくはさっさといい男を捕まえて専業主婦になったっていいのに。

私はおせっかいと思いつつも、「困ったことがあったら連絡して」と彼女と連絡先を交換。
その後もたまに一人で彼女の店に顔を出していた。

会話を重ねていけばいくほど

愛華は話せば話すほどとても素敵な女性で、日を追うごとに私は彼女を恋愛対象として見ていると実感していった。彼女はそんな私の感情を知ってか知らずか、「お店だけでなくプライベートでも食事をしたい」と言ってくれるように。

もちろん私は断る理由がないため、アフターをしたり休みの日にデートをしたりする回数も増えた。
最近では、毎週末どこかへ遊びに行っている。

ここで、私は1つの疑問にぶち当たっている。

『私は、彼女に告白したら恋人になれるのだろうか?』

彼女と付き合うことができるのであろうか?

愛華が私のことを嫌っていることはないと思うが、客以上に見られているかはわからない。
それを判断するには、キャバクラ経験の豊富な先輩達の意見を仰ぐしかないだろう。

このサイトで紹介している先輩達のキャバクラ体験談を熟読しつつ、今後のことをゆっくり考えたいと思う。

ページの先頭へ